前へ
次へ

印象に残る自己紹介とは

英会話の基本中の基本、自己紹介。相手の記憶に残るような自己紹介を身に付けたいもの。もともと人前で自分のことを表現することに慣れていない日本人が英語で自己紹介をすると、10秒くらいであっという間に終わってしまいます。恥ずかしいし英語が苦手だから声も小さく早口になってしまう。これでは相手の印象には残りません。では、相手の印象に残る自己紹介とはどんなものでしょうか。ポイントは3つ。笑顔、アイコンタクト、ハキハキとした話し方。英語が苦手でもこのポイントを押さえていれば大丈夫。間違いなく相手にいい印象を与えることができます。例え緊張して話そうとしていたことが飛んでしまっても、あなたの優しく明るい印象は伝わります。さあ、今日から鏡の前で練習してみてください。

歯科技工士-学科紹介 | 医療系の国家資格取得なら大阪の東洋医療専門学校

https://scholar-sch.com/
少人数体制でしっかりと高校受験合格を後押しします

https://toho-child.jp/class/omiya/
桐朋学園大学音楽学部附属の大宮の音楽教室です

山梨県甲府市で理系・医歯薬を目指すなら甲斐大学予備校 高校生部

英会話で自己紹介するということの意味

英会話の中で自己紹介というカテゴリーが実際のところは一番難しいというように言われています。自分自身を上手に表現できるかどうかという部分は、その後の付き合い方にも大きく関与していく部分となるため、まずは冷静になって底分析をしていくような展開を目指すという部分も重要です。また世界で通用する確固たる英会話のスキルを身につけていけば、就職や転職の際にも役に立つ要素が多くなっていくのです。第一印象に関わる部分が非常に強くなっている今、日頃の生活で自分自身の長所をひとつでも多く探していくような取り組みが重要視されています。英会話をこれから始めようとしているならば、まずは基礎的な訓練をしていくことが望ましいのです。

Page Top